中山三星建材株式会社
トップ製品案内 › 電縫鋼管

電縫鋼管

一般構造用炭素鋼鋼管、一般構造用角形鋼管

軽量形鋼

清水・堺・大分・都城で集中生産して、全国のお客様に直送または他工場に在庫し、お客様へお届けしております。
この分野は裾野が広く、様々な用途に対応できる様、更に技術力を高めて参りますので、何なりとご相談頂けますようお願い致します。

日本工業規格(JIS)表示の認証

製造所 認証番号 認証日 製品名称(JIS番号)
清水工場 QA0508007 平成20年5月20日 一般構造用角形鋼管(JIS G 3466)
一般構造用炭素鋼鋼管(JIS G 3444) 
堺工場 一般構造用角形鋼管(JIS G 3466)
一般構造用炭素鋼鋼管(JIS G 3444) 
大分工場  一般構造用角形鋼管(JIS G 3466)
都城工場 一般構造用角形鋼管(JIS G 3466)
一般構造用炭素鋼鋼管(JIS G 3444) 

一般構造用角形鋼管

一般構造用炭素鋼鋼管

化学成分・機械的性質

規格 種類の記号 化学成分% 機械的性質
C Si Mn P S 降伏点
N/mm2
引張強さ
N/mm2
JIS G 3466 STKR400 0.25以下 - - 0.040以下 0.040以下 245以上 400以上
一般構造用角形鋼管 STKR490 0.18以下 0.55以下 1.50以下 0.040以下 0.040以下 325以上 490以上

厚さ8mm未満の管の12号試験片(管軸方向)の場合の伸びの最小値(単位:%)

種類の記号 試験片 厚さ区分
1 mm を超え 2 mm を超え 3 mm を超え 4 mm を超え
2 mm 以下 3 mm 以下 4 mm 以下 5 mm 以下
STKR400
STKR490
5号試験片 14 16 17 18

形状・寸法許容差

項目 寸法許容差
辺の長さ 100 mm 以下 ±1.5 mm
100 mm を超えるもの ±1.5 %
厚さ : t 3 mm 未満 ±0.3 mm
3 mm 以上 ±10 %
各辺の平板部分の凹凸 辺の長さ 100 mm 以下
辺の長さ 100 mm を超えるもの
0.5 mm 以下
辺の長さの 0.5 % 以下
各部の寸法 : S 3 t 以下
隣り合った平板部分のなす角度 90°±1.5°
長さ + 規定せず
0
曲がり 全長の 0.3% 以下
形状・寸法許容差

一般構造用炭素鋼鋼管

一般構造用角形鋼管(正方形)

化学成分・機械的性質

規格 種類の記号 化学成分% 機械的性質
C Si Mn P S 降伏点
N/mm2
引張強さ
N/mm2
へん平性
平板間の距離(H)
JIS G 3444 STK400 0.25以下 - - 0.040以下 0.040以下 235以上 400以上 2/3 × D
一般構造用炭素鋼鋼管 STK490 0.18以下 0.55以下 1.65以下 0.035以下 0.035以下 315以上 490以上 7/8 × D
STK500 0.24以下 0.35以下 0.30〜1.30 0.040以下 0.040以下 355以上 500以上 7/8 × D

厚さ8mm未満の角形鋼管の5号試験片の伸びの最小値(単位:%)

種類の記号 試験片 厚さ区分
1 mm を超え 2 mm を超え 3 mm を超え 4 mm を超え
2 mm 以下 3 mm 以下 4 mm 以下 5 mm 以下
STK400 12号試験片 14 16 17 18
STK490 14 16 17 18
STK500 6 8 9 10

形状及び寸法許容差

区分 寸法許容差
外径 1号 50 mm 未満 ±0.5 mm
50 mm 以上 ±1 %
2号 50 mm 未満 ±0.25 mm
50 mm 以上 ±0.5 %
厚さ 1号 4 mm 未満 +0.6 mm -0.5 mm
4 mm 以上 12 mm 未満 +15 % -12.5 %
2号 3 mm 未満 ±0.3 mm
3 mm 以上 12 mm 未満 ±10 %

電縫鋼管の表面処理と加工

カラー製品

現場塗装のわずらわしさから解放された経済的なカラー製品です。

特長

1.共同開発による塗料を使用
使用塗料は、弊社と塗料メーカーが共同開発したもので、 主に一次防錆を目的として赤錆・グレーを標準色としております。
2.自動ラインによる塗装
自動ラインにより全面塗装しておりますので、 現場で直ちに上塗りすることができます。
3.現場作業の省力化に貢献
従来の防錆塗料に必要だった塗装スペースがいりません。 また、塗装作業にともなう汚れ、シンナーの悪臭の心配も いりません。

使用塗料

名称(標準色) 色見本 摘要
ナミコートP-1   JIS K 5621 (※1)
2種相当・4種同等
         赤錆   在庫製品      (10R3.5/7.5  近似)

74アクア   JIS K 5674 2種 (※2) 認証品
JASS 18 M-111 (※3) 適合品
         ダークグレー   在庫製品      (N5~5.5中間色  近似)
         グレー   受注生産品   (N6.7  近似)
         赤錆   受注生産品   (10R3.5/7.5  近似)

備考

  1. 色見本の色と実際のものとは異なることがあります。
  2. 塗装製品の塗膜厚は建築工事標準仕様書(JASS)基準とは異なり塗膜厚は適合しておりません。

  (※1) JIS K 5621「一般さび止めペイント」

  (※2) JIS K 5674「鉛・クロムフリーさび止めペイント」<2種:水性>

  (※3) 日本建築学会材料規格

 

プレめっき(溶融亜鉛)製品

中山製鋼所の優れた溶融亜鉛めっき鋼帯を使用して成形します。 耐食性・デザイン性・経済性に優れ、あらゆる分野の構造物に幅広く利用されています。
特徴
  1. 優れた耐食性。
  2. 美しい仕上がり面。
  3. 白錆防止に「ミツボシコート」がすばらしい威力を発揮します。
プレめっき(溶融亜鉛)製品

亜鉛の付着量

単位:g/m2(両面)
めっき区分 非合金化 合金化
めっきの両面付着量表示記号 Z12 Z18 Z20 Z22 Z25 Z27 F12 F18
両面3点法平均付着量 120 180 200 220 250 275 120 180
両面1点最小付着量 102 153 170 187 213 234 102 153

備考

表の太字の箇所は標準品、その他は受注生産となりますので事前にご相談下さい。
両面3点法平均付着量は、供給材から採採取した3個の試験片の測定値の平均値に対し適用します。
両面1点最小付着量は、供給材から採取した3個の試験片の測定値の最小値に対し適用します。

ミツボシコート

プレめっき製品(一般構造用炭素鋼鋼管)の白錆防止に驚異的な効果を発揮する「ミツボシコート」はクロムなどの重金属を含まず毒劇物法、消防法の規制を受けない人と環境に配慮したコーティング剤であり、高温多湿の環境で使用される農資向けプレめっき鋼管などにコーティングしてご好評を得ています。

試験結果

「ミツボシコート」は試験室における温水浸漬テスト、98%以上の耐湿テストにおいても良好な結果を 得ていますが、長期にわたる実際の現地暴露テストの結果においてもすばらしい成績をおさめています。

長期暴露テスト結果

  10日後 3ヵ月後 6ヵ月後 12ヵ月後
ミツボシコート A
B
他社防錆製品 A
B ×
備考
  1. 試験方法

    試料A.Bをユーザーの工場外に放置し、暴露テストを行った。 試料A=丸パイプ1.6×38.1×5.0m2束、B=角パイプ1.6×50×50×6.0m2束
  2. 評価

    ○=白錆全くなし △=白錆多少発生、但し使用上問題なし ×=白錆ひどく使用不可

さまざまな加工のお引き受け

丸パイプの加工(切断、面取り、スエッジ加工、孔あけ、ピン取付等)

【スエッジ加工および孔あけ加工】

【スエッジ加工および孔あけ加工】

【スエッジ加工製品】

【スエッジ加工製品】

【ピン取付加工製品】

【ピン取付加工製品】

【つぶし加工および孔あけ加工】

【つぶし加工および孔あけ加工】