中山三星建材株式会社
トップ会社案内 › 沿革

沿革

1949年 昭和24年 三星産業株式会社設立
堺工場新設
1950年 昭和25年 木津川製線株式会社設立
1962年 昭和37年 都城工場新設
1966年 昭和41年 宮崎工場新設
1967年 昭和42年 田布施工場・丸亀工場・辰口工場の各工場を新設
1968年 昭和43年 苫小牧工場新設
1971年 昭和46年 大分工場新設
1979年 昭和54年 三星スチール発足
(ホクヨー・ニチバスチール合併)
1980年 昭和55年 大阪工場 新設
1999年 平成11年 中山三星建材発足
(三星産業・木津川製線・三星スチール、三社合併)
2000年 平成12年 清水・名古屋の両工場を中山製鋼所より営業譲渡
2001年 平成13年 堺工場
ISO 9002認証取得
2003年 平成15年 堺工場
ISO 9001:2000 認証移行
2004年 平成16年 ボルト事業を分離分割し、(株)NSボルテンに統合
2005年 平成17年 堺工場電縫鋼管塗装設備を新設
2007年 平成19年 苫小牧工場(線材部門)を分離分割し、NS北海製線苫小牧(株)に統合
2008年 平成20年 都城工場小径管成形設備新設
新JIS移行
2009年 平成21年 線材事業から撤退
2010年 平成22年 堺工場
ISO 9001:2008 認証移行
2015年 平成27年 東京支店 開設